2015/1/7

レイヤー型ソーラー設置技術

レイヤー型ソーラー設置技術
レイヤー型ソーラー設置技術

新たな工事技術の開発
この一年ほどをかけて、会社の敷地内に新しい技術を使った太陽光発電設備を作っています。主な目的は発電効率の向上と開発技術の蓄積です。発想はシンプルです。現在のソーラーパネルは平置きにするのが常識です。これを層(レイヤー)を重ねるように、縦に並べたのです。
こうすることで同一面積で倍以上の発電をすることが可能になります。まだコスト面や工事方法など解決すべき課題はありますが、小さな敷地や平置きでは設置が難しい環境などでの活用を目指して取り組んでいます。

ホームへ先頭へ前へ戻る