2014/7/28

業務品質効率化への取り組み
業務品質効率化への取り組み

業務品質効率化への取り組み

私たちは、使っていただく方の立場になって「安全第一に」設計・施工・保守をする事が最大の品質であり、効率化だと考えています。

安全


我が社の「社是」は「安全第一が信用第一の基本となる」です。なによりも安全に作業することが、お客様にとっても、我が社にとっても一番大切な事だと心掛けています。
そのためにも、いろいろな会社様の安全協議会に参加し、新しい情報を取り入れる努力をしています。毎朝、危険作業やその対策も自ら考え発表し、当日の作業に活かしています。

品質

お客様の満足・感動を与えられるように知恵を絞り、当たり前のことを当たり前にする努力をします。そのために電気のことはもちろんですが「人間的」にも成長できるように日々学んでいます。
例えば、ボルトやネジの締め忘れ(ゆるみ)が無いかの確認を、作業した人以外に、作業を行っていない人がもう一度確認しています。作業者以外のスタッフがマーキング(しるし)をすることで「見える化」し、締め忘れ(ゆるみ)を防いでいます。
緩んだボルトに電気を通すと熱を持ちボルトも溶かし、火災の原因にもなりますので、この「ダブルチェック」と「見える化」を徹底しています。

効率化

毎日の作業後に「向上シート」に記入し「シミュレーション」を行っています。「今日うまくいったこと、うまくいかなかったこと」「今後どう活かすか」「明日の作業内容」「必要な道具・材料」を毎日記入し、提出しています。それをただ記入するだけではなく、頭の中で何度も「シミュレーション」をすることで予習、復習ができ、さらに明日の作業の「予行演習」をすることができます。
「予行演習」で必要な材料と道具、問題点や危険作業を洗い出し、当日、ムリなく、ムダなくスムーズに作業することができます。設計の段階で「目的」を明確にし、聴く・質問することで、私たちの持つ知恵を絞り、ムリ・ムダ(必要のない工事)を無くした最善の提案をさせてもらっています。

ホームへ先頭へ前へ戻る