2015/1/7

よくある無駄のパターン
よくある無駄のパターン

よくある無駄のパターン

大きければそれでいい?

工事の規模が大きければ大きいほど、無駄な部分も一緒に大きくなります。もし、その無駄を取り除くことができれば、驚くようなコストの削減になることがあります。

大きければそれでいい?
大きければそれでいい?

多ければいい?

多ければ多いほど良いという言葉もありますが、電気工事においては無駄となる場合があります。例えば、イスの足が10本あったら明らかに無駄になります。これは電気配線などでも同じことです。

多ければいい?
多ければいい?

そういうものだと思ってる?

一見すると無駄がないように見えます。
しかし、見方を変えることで隠れていた無駄が現れる場合があります。

そういうものだと思ってる?
そういうものだと思ってる?

ホームへ先頭へ前へ戻る