基礎知識 2022.06.01

【3分解説】太陽光発電のEPCとは?導入のメリット・デメリット、注意点について解説!

太陽光発電を導入するにあたり、「EPC」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。EPCは産業分野の建設プロジェクトにおいて用いられる言葉でしたが、最近では太陽光発電においても欠かせないものになっています。

では、太陽光のEPC事業者の強みとは何でしょうか。理由は様々ございますが、一つ挙げるとすれば顧客の多様なニーズに応える事が出来る点です。何故、EPC事業者は顧客ニーズの応対が可能となるのでしょうか。

本ページでは、太陽光発電におけるEPCの基本的なお話しから、分離発注との違い、メリット・デメリットについてどなたにでも分かるよう解説していきます。

EPC事業者を検討されている方はこの記事を参考にしてみてください。

太陽光発電におけるEPCとは

EPCとは、設計(Engineering)調達(Procurement)施工(Construction)の三つの頭文字を取った言葉です。上記の三つを一括して行っている事業者をEPC事業者と呼びます。EPCを太陽光事業に置き換えると、図面の設計から、機器・部材の調達、パネルの設置から検査までを行う事業者ということになります。地主や電力会社とのやりとりも含め、全ての工程の間に入り、太陽光システムの導入・運用を支援していきます。

太陽光EPC事業者の役目① 設計(Engineering)

設計とは、「太陽光設備の建設計画を企画立案」「見積り」「部材選定」「発電・収支のシミュレーション」などを行います。同時に太陽光発電を設置する環境調査や、現地でのテスト、関係機関などと協議も行います。

数あるメーカーの中から顧客に最適な部材を選定するだけでも、かなりの専門的な知識が必要です。そこから、関係機関と協議をするために正確性のあるシミュレーションや、精度の高い見積を作る必要があります。

太陽光EPC事業者の役目② 調達(Procurement)

調達とは、「太陽光発電システムに組み込む機材のメーカー選定」「部材の調達」「部品の品質管理」などを行います。

プロジェクトの進捗や採算に大きく影響を及ぼすフェーズで、納期・予算・品質のバランスを考慮しながら、いかに良い条件で調達できるかの管理調整がEPC事業者の役目となります。

太陽光EPC事業者の役目③ 施工(Construction)

施工とは、「太陽光発電の設置工事」「電気工事」「現場管理」を行います。

工事現場には複数の業者が介入するため、効率と安全を考慮した工事計画を立て、現場の統括を担います。

分離発注との主な違いについて

分離発注とは、設計者・パネル業者・電気業者を一括ではなく、各々に依頼をする発注方を指します。分離発注は見積内容が明確になる・好きな業者に発注を出来る等のメリットがあります。一方で、不具合が起きた際の連絡先が明確でない。業者間での施工状況共有がし辛いというデメリットもあります。

EPC事業者に依頼をし、太陽光発電を導入するメリット3つ

①工事がスムーズに進む

EPCは施工業者が設計から施工まで一貫して管理を行います。そのため、一部分のみ未作業で工事が進む等のリスクが避けられます。結果として、各工程ごとの連携・工事がスムーズに進みます。

②依頼者に合ったプランで行える

工事を統括しているため、保険、設置枚数、メンテナンス等のあらゆる観点から依頼者ごとに合ったプランをご提案することが可能です。

③何か不具合があった際に連絡先が1社で済む

工事の統一だけでなく、管理も統一されております。そのため、分離発注とは違い、不具合が起きた際は、EPC事業者への電話1本で解決します。電話帳から何社も引っ張り出し、連絡先に悩む必要は一切ありません。

EPC事業者に依頼をし、太陽光発電を導入するデメリット

負担も少なく、全てを任せられるEPCはメリットが多いです。しかし、全てを任せるが故のデメリットも確かに存在します。ここでは、落とし穴にはまらないために、デメリットを包み隠さずお伝えします。

コストがかさみやすい

仮にEPC事業者が、一般的な費用の水準よりも高い下請け事業者を使用していたらどうでしょうか。その分、コストは割高になってしまいます。また、下請けの選定以外でも、不透明な内訳部分でコストカットが出来ていないEPC事業者がいた場合、分離発注の方が安くすむケースもあります。

EPC事業者に頼む際の注意点

上記のメリット・デメリットを踏まえて、次はEPC事業者に依頼をかける際の注意点をお話します。EPC事業者を見極める目が円滑な工事・コストカットの第一歩です。

①費用の内訳の確認

上記でもお伝えしたように、不透明だからこそ内訳の確認は必須です。コスト優先で行えているのか、無駄な費用が発生していないか等の確認を徹底するようにしましょう。少し手間で、気が引ける部分ではありますが、重点的に確認する事が大切です。

②工事の進捗確認

依頼主は、EPC事業者から発信される工事の進捗状況を把握することが可能です。ですが、細かな進捗状況を把握するためには、EPC事業に確認が必要となります。 工期に遅れは出ていないか、進捗は何パーセントなのかといった部分の確認は手間かと思いますが、積極的に行うと良いでしょう。日々、定期的に連絡や情報の共有がある事業者様だと尚、安心ですね。

まとめ

今回は太陽光発電のEPCについて解説しました。全てを任せられる点や、連絡先に困らない点から、手間が大幅に削減することが出来る大きなメリットがあります。一方で、一任するが故に、不透明な点がデメリットとして挙げられます。EPC事業者、依頼側共に円滑な工事が進められるように、事前の確認や情報の共有等が必須となります。

株式会社FDでも、太陽光発電事業におけるEPC(設計・調達・建設を含む一連の工程)を提供し、お客様のニーズに沿った最適なプランをご提案することができます。 「分離発注はしたくない…」「EPC事業のどこに依頼すれば良いか分からない」など皆様のご要望にお答えします。お気軽にご相談ください。