基礎知識 2022.04.28

【5分解説】 RE100とは?中小企業は加盟できる? 意味やメリット、加盟条件など分かりやすく解説!

環境問題のニュースが増えたことで、それらの情報に触れる機会が多くなってきたのではないでしょうか。そのうちの1つにRE100があります。

RE100について、設置場所が限られている企業様のお悩みを解決するスキームが”自己託送”です。本ページでは、自己託送に関する基本的なお話しから、仕組みやメリット・デメリットについて要点を抑えながら、どなたにでも理解いただけるように解説いたします。

RE100とは?

RE100とは、国際環境NGOが2014年に開始した国際的な企業の連合体です。RE100のREとは、日本では、再生可能エネルギーのことを指します。企業が自らの事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的な動きがあり、日本も含め世界中の企業が参加しています。風力・地熱・水力・バイオマス・太陽光といった自然由来で産み出されるエネルギーを再生可能エネルギーと呼びます。

RE100が出来た理由、背景

2014年、気候サミットというイベントが国連によって開催されました。このイベントは、パリ協定の「世界共通目標として産業革命後の気温上昇を2℃以内にする。そのために、気温上昇を1.5℃に抑える努力をする。」という目標に対して、必要な行動や解決策を立てるためのイベントでした。
このイベントと同時開催されたのが、Climate Week NYC 2014です。
これは、脱炭素社会を目指すために、政府、企業、市民社会が脱炭素の推進をめざす重要な国際的フォーラムとして毎年開催されています。
RE100はこのフォーラムで立ち上げられました。RE100は、パリ協定の目標において、企業ができる行動、解決策として出来たのです。

RE100に加盟している日本企業

RE100の加盟対象となるのは、以下の項目のいずれかを満たす影響力のある企業です。

  • ①影響力があり、世界的に認知されているブランドであること
  • ②2050年までにカーボンゼロという目標を設定していること
  • ③大量に電力を消費していること(世界では100GWh以上、日本では50GWh以上)
  • ④RE100の目的を遂行する企業であること

日本企業ですと、67社の企業がRE100に加盟しており、(2022年4月現在)
ソニー、イオン、パナソニックなどが挙げられます。

ソニーグループ株式会社の取り組み事例

ソニーグループ株式会社は、2050年までの長期環境計画「Road to Zero」(環境負荷ゼロ)という目標を掲げ、実現を目指しています。
グループ内で使う電気を100%再生可能エネルギーでの操業を目指すため、多くの取り組みを行っています。その中の事例を4点ご紹介いたします。(以下ソニーグループ株式会社HP一部抜粋)

①太陽光発電設備導入
世界のさまざまな事業所で積極的に太陽光発電設備を導入しており、日本でも自家発電により再生可能エネルギー比率を高めています。2019年には、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング熊本テクノロジーセンターで大規模な発電設備の稼働を開始させています。

②電力会社からの再エネ電力を直接購入する
2017年度に東京電力エナジーパートナー株式会社より、水力発電電力のみを販売する国内初のプランが提供され、ソニーはその電気を購入する最初の企業となりました。

③グリーン電力証明書の活用
グリーン電力証明書とは、ソニーが電力会社と共同開発した仕組みであり、企業・自治体がコスト負担し、再生可能エネルギーによる発電を日本各地の発電所に委託するものです。

④自己託送制度の実現
自己託送制度とは、太陽光発電設備等の自家発電設備で得た電力を、送電網でつなぎ、離れている自社拠点に電力を送る仕組みです。
この仕組みにより、余剰電力を離れている拠点に供給することが可能となり、発電した電力を無駄なく活用する事ができます。

弊社は④の自己託送制度を、ソニー株式会社(現:ソニーグループ株式会社)、デジタルグリッド株式会社と実現いたしました。

関連記事①【5分解説】自己託送とは何か?仕組みやメリット・デメリットについて解説!

関連記事②牛舎を利用した太陽光発電のオフサイト自己託送

EP100やEV100との違い

EP100とは、Energy Productivitu100%の略称で、エネルギー効率の高い技術や取組を導入し、省エネ効率を50%改善するなど、事業のエネルギー効率を大幅に引き上げることを目指す企業が参加する国際的イニシアチブ>
です。

EV100とは、Electric Vehicles100%の略称で2030年までに企業により利用する車両を100%電気自動車化することや、環境整備促進を目指す国際的イニシアチブです。

それぞれRE100の目標を達成するための大切な取り組みといえます。

RE100に取り組むメリット

ここからはRE100に取り組むメリットを4つご紹介します。

①投資家からの評価があがる

RE100に取り組む最大のメリットは、「ESG投資」などにおいて、投資家からの評価が高くなることです。ESGとは、 「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(統治)」 の頭文字をとったもので、この3つの指標が企業を評価する基準となります。
業績が良くても、環境に配慮していなかったり、社会貢献をしていないと判断された企業は、ESG投資では評価されません。
RE100は、二酸化炭素排出の低減を目指した取り組みであるので、加盟していれば、ESG投資でも高い評価を得ることができます。

②化学燃料らのエネルギー

将来的な 化学燃料のエネルギー係数上昇のリスクを回避できることもメリットになります。石炭など、限りある資源は年々減少しており、このまま減少すれば、将来的な価格高騰は避けることができません。
燃料価格が高騰すれば、電力会社から購入する電気代は、自動的に高騰することが予想されます。
再生可能エネルギーのみで事業運営ができれば、電力会社から電気購入する必要はないため、電気代高騰の影響を受けなくなります。

③地球環境への貢献

前述にもある通り、再生可能エネルギーで全ての事業運営が可能になれば、地球温暖化・気候変動の原因となるCO2が排出されなくなり、環境へ貢献できると言えます。また、太陽光などの常に地球に存在しているエネルギー源は枯渇の心配はなく、CO2を含む温室効果ガスのような有害物質が発生しません。

④企業のブランドイメージがアップ

RE100に加盟することで、温暖化対策への取り組みがPRできます。
環境対策や環境への配慮を尊重する企業から、好意的な印象を得られるでしょう。
また、一般消費者のサステナビリティに対する関心が高まっていることで、企業は消費者から大きな支持を得られることも期待されます。

RE100に加盟するための条件

RE100の加盟条件は、明確にはありませんが、下記の条件が重要視されていると言われています。

加盟条件4つ

  • ①世界的に認知度や信頼度の高い企業であること
  • ②電力消費が100GWh(日本では50GWh)以上であること
  • ③RE100の目的に貢献できる特徴や影響力を持っている企業であること
  • ④フォーチューン1000またはそれに相当する主要な多国籍企業であること

上記4点が満たされていることが好ましいとされています。
RE100加盟を希望する場合は、RE100事務局と直接連絡を取り、認定されて晴れてRE100に加盟となります。

加盟できない企業は「再エネ100宣言 RE Action」

RE100は大手企業向きのため、中小企業の多くは条件を満たすことができません
前述の条件を満たすことができない場合は、再エネ100宣言 RE Actionを掲げることができます。再エネ100宣言 RE Actionとは、企業や自治体などのあらゆる機関が、使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、100%再生可能エネルギーで賄うという新たな枠組みです。

再エネ100宣言 RE Actionの参加条件とは?

参加条件は、以下の3点になります。

  • ①2050年までに使用電力を再エネ100%にすることを目標設定し、公表すること
  • ②再エネ推進に関する政策エンゲージメントの実施をすること
  • ③消費電力、再エネ達成率などを毎年報告すること

以上の条件を満たして、再エネ100宣言 RE Actionを掲げることができます。
これにより、再エネ化を対外的にアピールでき、社会から環境への取り組みが評価され、イメージアップなどが見込めます。
更に、再エネ100宣言 RE Action の参加得点として、RE100加盟企業と交流する機会が得られるため、大企業と取引できるチャンスが生まれます。

まとめ

世界的にも注目されているRE100の取り組みは、SDGsの目標達成の為にも必要不可欠な取り組みです。この目標達成は大企業に限った話ではなく、中小企業にとっても達成しなくてはならない必達目標となりました。
しかし、RE100の加盟はハードルが高い面も多々あるため、前述のようにRE100宣言 RE Actionなどを検討するのは効果的な環境対策と言えるでしょう。
この世界的な動向から、環境対策は更に注目されていきます。その第一歩として、再エネ100%に取り組むため、太陽光発電設備の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、「電気代を削減したい」「再エネ100%を目指している」「再エネ転換して環境貢献したい」など皆様のご要望にお答えいたします。是非一度ご不明点やご要望などございましたら、お気軽にご相談ください。